News
News

国内で叶える最上のラグジュアリーステイ vol.8 「瀬戸内 リトリート 青凪」(愛媛)

H/Ash 2021.09.01

Pocket

皆さま、こんにちは。ラグジュアリーライフアドバイザー兼ライターのH/Ashです。
エグゼクティブな皆様にぜひ訪れてほしい、国内の高級ホテルをご紹介してゆく「国内で叶える最上のラグジュアリーステイ」。

その第8弾として、今回は建築家・安藤忠雄がデザイン・設計した、瀬戸内海リゾートの代名詞であるオールスイートホテル「瀬戸内 リトリート 青凪」をご紹介いたします。



日本建築界の巨匠であり世界的建築家、安藤忠雄。今や国際的な注目度の高い「瀬戸内国際芸術祭」の開催中心地である直島に、 「地中美術館」や「ベネッセハウス」、「ANDO MUSEUM」を建てている事でも有名な安藤氏ですが、それらの作品群と共に、瀬戸内を代表する安藤建築のひとつとして数えられているのが、今回ご紹介する「瀬戸内リトリート 青凪」です。



リトリートの前身は、1998年に大王製紙が接待客用宿泊施設兼美術館として建てた、「エリエール美術館」です。
当地愛媛に本社を置く大王製紙は、当時の時代背景もあり、建設当時、予算の上限を一切設けず、「この土地で一番の建物を造るから、日本一の建築家に頼む」と言って安藤氏に設計・建築を依頼したそう。
結果、通常のホテルでは実現不可能な、贅沢な空間を持った建築が出来上がりました。
まさに究極の安藤建築だったわけですが、一企業の私的建造物だったからか、当初は安藤氏の全集にも一切掲載されず、安藤ファンの間でも、長く未知の建築であり続けました。それがようやく人々の前にお披露目されたのが2015年の事。改めてオールスイート・全7室のスモールラグジュアリーホテル「瀬戸内 リトリート 青凪」として改装された事で、数少ない、泊まれる安藤建築として建築ファンだけでなく、世間一般の大きな注目を浴びました。



ホテルがあるのは愛媛県松山市。松山空港から車で30分、山間を抜けた高台に建つのが、リトリート青凪です。
安藤建築の特徴であるRC構造(コンクリート打ちっぱなし)の建物は、どこを取ってもミニマムに洗練されていて、まるで美術館のよう。実際、前進の私的美術館の財産を受け継ぎ、リトリート館内ではミニマルアートの巨匠:フランク・ステラの絵画や、地元愛媛の庭師:小野豊による枯山水庭園など、ソフィスティケートされたアートが至る所に配されており、滞在者は好きなだけ、この素晴らしいアート空間の中で美術鑑賞が楽しめるようになっています。



客室は山の緑に包まれたガーデンルームや半露天風呂のついた半露天スイート、4ベットスイート、THE AONAGIスイートの、全7部屋です。
特にホテルの名を冠したシグニチャールームであるTHE AONAGIスイートは、東京スカイツリー展望台とほぼ同じ高さから瀬戸内の海と島々を一望する、広々としたメゾネットタイプとなっており、 天井から床まで贅沢に張りめぐらされた広大なガラス窓が瀬戸内のランドスケープを切り取って、国内随一の絶景を楽しむ事が出来ます。



さすがアートな宿なだけあり、ディナーもしっかりとしたコンセプトのもと供されます。
「瀬戸内旅懐石」と題された夕食のコンセプトは、「瀬戸内のショーケース」。

ゲストに「瀬戸内」を体験して頂くため、瀬戸内を代表するいくつかの「情景」をテーマにした和懐石を用意。
瀬戸内らしいテーマを元に創作した至極の一皿一皿を順に味わっていく事で、コースが一通り終わった頃にはまるで「瀬戸内をぐるっと旅して来たような感覚」になるという、アートな仕掛けとなっております。



また、瀬戸内の海と島々を眺めながら受けるプライベートスパもオススメ。
柚子、みかん、文旦など、瀬戸内の自然の恵みを豊富に取り入れたオリジナルプロダクトを使用するオールハンドのトリートメントは、ゲストの好みによって自由にカスタマイズ出来ます。



リトリート青凪のシグニチャースポットといえば、水面の先に瀬戸内海がつながる究極のインフィニティプール、「THE BLUE」です。
安藤デザインの中でも良く取り上げられるほどアイコニックなこの屋外プールは、全長なんと30m。アートラウンジが隣接されている他、芸術的なイベントがプールサイドで催される事があるのは、さすがアートエリア瀬戸内です。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いかがでしたでしょうか。
「ミシュランガイド広島・愛媛 2018 特別版」において、豪華で最高級なホテルとして、5パビリオンを獲得した「瀬戸内 リトリート 青凪」。
瀬戸内という、海と島の美しいリゾート地において、世界的建築家のアート空間に滞在する。エグゼクティブな方々が行き着く、究極の「リトリート=隠れ家」こそが、瀬戸内リトリート青凪なのです。

瀬戸内リトリート青凪
https://www.setouchi-aonagi.com
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Pocket