私の車コレクション

ROSSO 2020.03.02
Pocket

今回は、私の大好きな車のコレクションについてお話していきたい。以前このテーマで執筆した際と比べると、車のラインナップがだいぶ変更されたため、改めて読者の方にも共有したいと思い、この文章を書くことにしたのである。

以前は、マクラーレン720Sやフェラーリ812などを愛用していたが、現在ではそれらの車はすべて売却して、現在ではロールスロイス・カリナンとレクサス・LFAをTPOにあわせて乗り換えている。

はじめに「ロールスロイス・カリナン」だが、これはラグジュアリーブランドであるロールスロイスから発表されたラグジュアリーSUVである。SUVと聞くと、「メルセデスベンツ・Gクラス」や「ポルシェ・マカン」、「ジープ・ラングラー」などが該当すると思うが、それとロールスロイス・カリナンは一線を画す。

乗らなくてもわかる点としては、ロールスロイス社が施す内外装がカリナンにも散りばめられている。そして、私個人の意見だが乗って初めてわかることとして「SUVなのか」と思うほど高級感に溢れている。SUVとして乗りこなすことは至難の業である。
そのため、元々これを購入するための目的としていたことが遂行できないため、現在は新たなSUVの購入を検討している。

続いて紹介するのは「レクサス・LFA」である。
言うまでもなく、レクサスLFAはトヨタのレクサスブランドから出されている限定車である。数にして500台だ。
実は、私のガレージにはレクサスLFAがもう一台眠っている。しかもただのLFAではなく、「ニュルブルクリンクパッケージ」といった限定モデルである。LFAの全生産台数が500台であるのに対し、こちらは生産台数わずか50台である。
私は、この車を運良く両方手にすることができたのだ。

実は、以前の車をテーマとした記事を書いてから、さまざまな用途で使用していた車をすべて売却したのである。その数は、なんと8台にものぼる。
8台と聞いて多いと思うかもしれないが、逆に使わない車がそんなにあること自体が問題である。そこで、昨年末にすべてまとめて売却したのである。

今年も限定車の購入やレセプションへの招待、予約していた車両のデリバリーなど、車関係の予定は目白押しである。今年も、こちらに寄稿できるものについてはしていきたい。

Pocket

このカテゴリーの一覧へ