千代田区丸の内3の2の1

M. Christophe 2019.07.01
Pocket

みなさまは千代田丸の内3の2の1にある東京會舘のことを
聞いたことはあると思いますが
こちらは100年の歴史あるクラブです。

本舘の宴会場は、
記者発表会、創立記念パーティ、展示会、偲ぶ会、
その他各種イベントに利用されたり
結婚式場としてもよく知られています。
芥川賞及び直木賞受賞者の記者会見と、
その1ヶ月後の授賞式は東京會舘本舘にて行なわれます。
私の身内の作家、船戸与一も、直木賞受賞の際はこちらの會舘でした。

レストランは、フランス料理「プルニエ」、
西洋料理「シェ・ロッシニ」、日本料理「八千代」があり、
そのほか、バー、カフェテラス、
会員制クラブであるユニオンクラブは、
各界著名人が多く会員になっていることで有名で、
一般人は会員にはなれません。

私はたまにこっそり見学をさせていただいていますが、
そこには心がうっとりする空間があり、
ゆったりしたリズムがながれてます。

クッキングスクールも併設しており、
現役のシェフが講師となっています。
初級から上級クラス、シニア男性クラス、中国料理、製菓、
製パンなど専門のクラスもあります。

東京會舘は東京駅や二重橋前駅や有楽町駅、
日比谷駅から歩いて、5.6分でいける場所にあります。



こちらは古い時代の東京會舘



こちらは2019年1月8日にリニューアルオープンした東京會舘

リニューアルオープンしたばかりです。



こちらで有名なのがこのマロンのお菓子
創業以来作り続けられているマロンの代表的なお菓子で、
世界のnoble な方を魅了し続けてきました

マロンシャンテリィーといい、1日に限られた数しか
カフェやレストランで食べることができません。
テイクアウトも、数がすくなく、、
それだけ価値が感じられる洋菓子です。
栗の中身が素晴らしいです。

マッカーサーが、毎日通っていた東京會舘です



バーテンダーが作っているのは
マッカーサー仕様のミルクフィズ です
マッカーサーはまるで牛乳を飲むように、
朝からミルクフィズを
飲んでおられたそうです。
いちどは、東京會舘のオリジナル
マッカーサーの愛したミルクフィズをお試しくださいませ!
私の1番のおすすめです。



こちらでも、ローカロリーのスイーツを
考えてくださいねと頼みましたら
素晴らしい、桜のゼリーに
軽い牛乳のアイスクリームを作ってくださいました。
カロリーも75キロくらいしかないので、
私は早速お散歩コースに組みいれました。



こちらは、春の鯛とタケノコ、
そのほかの春野菜を蒸して、さっと焼いたもの。
これには私の代わりに隣で食べていた友人もうっとり。
丁寧に作られたものには
人を癒すチカラがあり、
身体に優しい変化が起きるのが、食べていてよくわかりますね。



昔からあるシャンデリア!
どれだけnoble な方を
この東京會舘ではお迎えしたのでしょうかね。

毎日東京會舘の貴賓室に足を運び
どうぞご見学に来てください
と言われました。



こちらは お米の粉で焼いた桜のロールケーキです。
要予約ですね。



いにしえの東京會舘からの伝統を受け継ぐこと100年あまり。



東京會舘の貴賓室でございます。



東京會舘の野菜スープは10時間かけてコンソメを作っています。
野菜スープの王様ともいえますね。

心底から回復できるスープ。これはそんなスープなのです。



私が友人と行きまして
半分だけ、3か月に1回食べるのは、
可愛いオムライスです。100年前からのレシピだそうです。



友人が横で
いつも食べているのは、いちごのケーキです。

春の皇居の散策には、
是非に丸の内3の2の1
東京會舘に足をお運びになってみてください。

住所は、 東京都千代田区丸の内3-2-1 
東京會舘 本舘2F/営業時間:ランチ11:30~14:30(L.O.)、
ディナー平日17:30~21:30(L.O.)、土日祝17:30~20:30(L.O.) 
/定休日:月曜のときもあります。

栗のお菓子マロンシャンテリィーは、予約が確かでございますね。



世界のnoble な方が絶対の一品と賞賛した
マロンシャンテリィーです。

星はとれなくとも
伝統や歴史や文化がある
そのような場所に足を運び
ゆっくりと読書をして月に1回のペースで時間を過ごすのも、
noble な過ごし方の1つに良いかもしれませんね。皇居のそばより!



Pocket

このカテゴリーの一覧へ