歴史と美を感じる台湾の旅
~九份・夜市・TAIPEI101~

YOU 2019.05.24
Pocket

台湾に来たなら必ず訪れたかった「九份(ジゥフェン)」。今回は、バスを使い向かうことにした。

バスから降り、まずは基山街でゆっくり探索。この日は平日であったが、有名な観光地だけあって観光客でいっぱいだった。



また、この地域は山間部だけあって雨が多く、私が訪れた日もあいにくの雨であった。しかし、霧がかった小雨と屋台に吊るされている赤提灯やそのライトアップの光が、よりノスタルジックな雰囲気を醸し出していて、私としては「これもこれで悪くない」といった感じであった。



しかし、細い路地が入り組んでいるので、傘をさして並んで歩くとなると結構大変。雨の日は他の観光客とすれ違う際はぶつからないよう少し注意が必要だ。



石畳の階段を上がり、「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった『阿妹茶酒館(アメイチャージウグアン)』でひと休みした。町一番の老舗お茶屋さん。



窓越しから見える街並みがとても綺麗であった。



九份は、過去にタイムスリップしたかのようなレトロな街並みで大満足であったが、ひとつだけ私を苦しめたものがあった・・・。それが臭豆腐や独特の香辛料、油のニオイがとにかく凄かったことだ・・・。

臭い豆腐と書いて「臭豆腐(しゅうどうふ)」。台湾の名物料理なのだそうだが、これがとにかく独特な臭いを放っていて臭い・・・。(味はおいしいそうなのだが・・・)

私は後半、この臭いに酔ってしまいギブアップ(笑)。景色をもう少し堪能したかったのだが、苦手な物は仕方がないと諦め退散した。

その後、電車に乗って「饒河街観光夜市(ラオホージエグアングアンイエシー)」へ。





この夜市は全長600メートルもあり、地元民にも人気の高いエリアだ。



飲食以外にも、雑貨や小物、民芸品や衣服など、400店以上のお店と屋台がある。ここも、とにかく人がいっぱい!こちらでは、火鍋を体験した。スープは濃厚、香辛料もとっても美味しかった。



続いては、世界で4番目の高さを誇るTAIPEI101タワーへ。



高さ508メートル、101階の高層タワーからの眺めは絶景!18時頃からは、街全体がライトアップされ、とても幻想的だ。



そして、近くにはお洒落な建物も。



少し道や路地を歩くと、バイクがたくさん!バイクの多さに終始ビックリ・・・。



歩道にもたくさんのバイクが!



台湾はとても温かく、料理もおいしい。建造物も美しく、さまざまな歴史や文化に触れられる良い旅となった。



Pocket

このカテゴリーの一覧へ