富裕層が好むハワイ不動産とは!?

渡辺 智 2020.07.29
Pocket

ハワイに不動産を持つ富裕層は非常に多い。海外不動産への投資と聞くと、多くの方は、ハワイを思い浮かべるはずだ。

実際、私も多くの富裕層を銀行で担当をしてきたがハワイ不動産に興味を持つ富裕層は非常に多かった。

ではなぜこれほどまでに富裕層は、ハワイ不動産を好むのだろうか?

今回はハワイ不動産の魅力について説明をする。


ハワイ不動産のメリットは4つ!

ハワイ不動産にはたくさんのメリットがあるが、主なメリットは4つに集約されるだろう。

  • 価格の上昇が見込める
  • 特別なパーティーなどに使える
  • 節税になる
  • 治安が良い

ハワイ不動産の持つ、メリットについて説明をする


価格の上昇が見込める

日本に不動産を持っている方はあまり信じられないかもしれないが、ハワイの不動産は中古で購入してもその後の価格の上昇が見込めるのだ。

もちろん日本の不動産の中にも価格が上がり続けている物件はある。

ただ、それは港区・世田谷区・目黒区など東京23区の中でも一部に過ぎない。

地方の物件の状況は悲惨なことを皆さんご存知だろう。

しかし、ハワイ不動産は、中古の物件でも値上がりしやすい特徴がある。

ハワイは世界有数の観光地であるにもかかわらず不動産の数が非常に少ないからだ。

また、ハワイに別荘を買った場合、自分が滞在していない間賃貸に出す事も可能であり、安定した賃貸収入を得やすいこともハワイ不動産の価格が上昇しやすい理由だろう。

ハワイの不動産は、何もアメリカ人だけが持っているというわけではない。

日本人や中国人を始めとするアジア人やヨーロッパの富裕層の多くもハワイに不動産を保有している。

多様な人たちがハワイ不動産を購入することもあり、ハワイ不動産の販売サポートは非常にしっかりとしているのだ。

日本語でのサポートはもちろん、賃貸に出したときの管理などしっかりと行ってくれるので日本人でも安心してハワイ不動産を購入することができることも、ハワイ不動産の大きなメリットといえるだろう。


特別なパーティーなどに使える

パーティーを好きな方は多い。この記事を読んでいる方の多くもきっとそうであろう。

日本でパーティーをする事はもはや富裕層にとっては当たり前のことだ。

しかし、ハワイでパーティーをするとなったらどうだろうか?

しかも、自分の保有している別荘でパーティーを開くことができれば、いつものパーティーとは違う特別感を演出することができるだろう。

ハワイ不動産を持っていれば、こうした「特別のパーティー」を行うこともできる。


節税効果がある

ハワイ不動産には、節税効果もある。具体的にいうと減価償却を日本よりも短期で計上することができると言うことだ。

減価償却を短期で計上することができるという事は、1回あたりの経費が増えるということに他ならない。

経費を増やすことによって節税効果が期待できるのだ。

しかし、ここで注意点が1つある。ハワイ不動産の減価償却は個人で保有しているとあまりメリットを享受できなくなってしまうことだ。

2021年から、所得税の損益通算、つまり不動産所得の赤字(海外不動産から生じる減価償却費)と給与を相殺することができなくなる。

しかし、資産管理会社など法人で保有しているハワイ不動産については当面影響がない。

富裕層の多くは資産管理会社を持っているだろう。

今後ハワイ不動産を購入する際は、資産管理会社での購入を検討したほうがよさそうだ。


治安が良い

ハワイは、海外の中でみると比較的治安が良いとされている。

もちろん、日本人を狙ったスリなどはいまだにあるが、それでも昼間日本人が犯罪に巻き込まれる可能性は他の海外の国と比べると少ないといって良いだろう。

夜、危険な地域に出歩くことをしなければ、ハワイで犯罪に巻き込まれる可能性は非常に少ないといえる。

治安の良さも、ハワイ不動産が多くの富裕層に人気がある理由の1つだろう。


ハワイ不動産の別荘の種類は3つ!

ハワイ不動産は、大きく3つに分けることができる。

  • 戸建て
  • コンドミニアム
  • ホテルコンド

それぞれの特徴について説明していこう。


戸建て

ハワイに、戸建てのイメージはあまりないかもしれないが、ハワイにも戸建ての物件は存在する。

しかし、ハワイは、先ほど紹介した通り、土地にあまり余裕がないためハワイの戸建ては中心部から少し離れた場所にあることが多い。

車を持っていないと、長期間滞在するのは厳しいかもしれない。

しかし戸建ては、自由にリフォームすることができるので、自分好みの家にすることが可能だ。

大規模なパーティーなどをしたい富裕層や自分のこだわりの別荘を作りたい富裕層に向いているといえるだろう。

しかし、あまりにもこだわりを持って家を作ってしまうと売却しづらいという欠点にもなってしまうので注意が必要だ。


コンドミニアム

コンドミニアムとは、日本でいう分譲マンションに当たる。

コンドミニアムはハワイの中心街にあることが多いので長期間生活するには非常に便利だ。

またコンドミニアムは、戸建てに比べると価格が安いため、需要が非常に高い。常に需要が供給を上回っている状況なので、よほど変な物件でない限り売却に困る事はないだろう。


ホテルコンド

ホテルコンドとは、ホテルの一室を買い取る形態だ。

日本ではあまりなじみがない形態かもしれないが、最近、京都の超高級ホテルなどでもこのホテルコンドは提供されている。

ホテルコンドは、ホテルの一室なのでメンテナンスの心配がない。

ハワイは1年中観光シーズンなので、ホテルの需要は常にある。

自分が滞在しないときは、ホテルとして利用してもらい賃料収入をもらうことができるのだ。

もちろん、最も予約の取りにくいハイシーズンに自分が利用することも可能なこともホテルコンドの大きなメリットだろう。

このホテルコンドであるが、今後、日本でも増えていくと予想する専門家が多い。

非常に合理的かつ利用しやすいホテルコンドは、ハワイ不動産を初めて買う方には特にオススメといえるだろう。


まとめ

今回は、富裕層に人気のあるハワイ不動産の魅力について説明をした。

今後も長くハワイ不動産の需要が落ちる事はないと思われる。

節税も兼ねることができるハワイに不動産を持つのはいかがだろうか?
Pocket

このカテゴリーの一覧へ