プラットフォームで変わる 富裕層の旅

NEWS BLOG 2019.07.31
Pocket

6月にAirbnbから富裕層向けと言える、超ラグジュアリーなデスティネーションを紹介するAirbnb Luxe(エアービーアンドビー・ラックス)が登場しました。

Airbnb Luxeではイアン・フレミングが007シリーズを執筆していたという「イアン・フレミング・ヴィラ」やフランス領ポリネシアの孤島をまるごと貸し切りで過ごすなどの、ストーリーある贅沢な旅が用意されています。

そんな旅をスマホから気軽に予約できるというのは、実に新しい感じがします。

これまでも古今東西、贅沢な旅行は存在しました。しかし、そんな贅沢な旅を気軽に画面で選べて、購入できて、しかも安全・安心な旅が保証されているというところが、現代のスマホ経由のラグジュアリーな旅行体験のすごいところ。

ランドスケイプが最近行った富裕層アンケート調査でも、インターネット接続デバイスとしてもっとも保有率が高いのは、男女ともにスマートフォンで男性69.2%、女性64.5%。

さらに、もっと進んで、一日中スマホとつながりっぱなしという富裕層は、男性6.6%、女性10.1%と、女性富裕層では10人に一人が一日中スマホを見ていることになります。

また最近行ったインタビューではLINEなどのチャットを使ったコミュニケーションが、もっとも富裕層とのコミュニケーション手段として人気が高まってきています。

現代の忙しい富裕層は携帯電話で自分の時間が遮断されることを嫌います。 代わりにチャットでスキマ時間にコミュニケーションを進めることで彼らは快適に、ビジュアルに、好みの旅行を選んだりしています。また時には、家具を選んだり、着物を選んだりすることも。

「プライベートジェット」や「プライベートバンク」などが、なぜ生まれたかを考えると分かる通り、富裕層は、「その他大勢と一緒」であることを嫌い、自分だけのためのもの、自分好みにチューンアップされたものを好む傾向があります。

自分好みにパーソナライズされたサービスを選ぶと言う行為と、スマホというデバイスはとても相性がいいのでしょう。

Airbnbのようなプラットフォーマーが率先して、これから旅のラグジュアリーバーションはますます進化を遂げていくはずです。テクノロジーが旅をアップデートし、富裕層はその先端に立って、進化した旅の体験を享受していくのでしょう。



cover photo: Mohd Fazlin Mohd Effendy Ooi "Gaya Island. Kota Kinabalu. Sabah. Malaysia Truly Asia "

NOBLESTATEを運営するランドスケイプでは210万件の富裕層データベースをもとに、ラグジュアリー消費者のネットワークを通じた富裕層サーベイ、デプスインタビュー調査を行っています。詳しくはこちらからパンフレットをダウンロードください。

全国の富裕層にライフスタイルアンケート調査を行った結果をまとめた「富裕層ライフスタイルレポート2019」についてはinfo@noblestate.comまでお問い合わせください。

Pocket

このカテゴリーの一覧へ