私のこだわり~時計編~

ROSSO 2020.03.03
Pocket

今回は、私のこだわりについて紹介していきたい。現役の男性経営者が語る“こだわり”というテーマの時点で、「車」、「時計」、「ワイン」ほどしかないと思うが、まさにその通りである。

私のこだわりは、そのうちの一つの「時計」である。

なぜこれほどまでに、世の経営者が時計に心酔するのか……正直なところ、その渦中にいる私も理解できていない。

しかし、ブティックやイベントに行くと、限定品や気に入ったデザインのものをなぜか購入予約してしまっている自分がいる。友人たちにも「使える限度があるから、何十本も必要ないだろう」と言われるのだが、毎回時計ブランドのインビテーションだけは心待ちにしているのだ。

現在、私の手元には、リーズナブルなものから世界限定のものまで合わせると、40本から50本ほどの時計がコレクションされている。

近々時計だけを取りに海外旅行へ出かけることが予定されているほど、時計のコレクターになりつつある。

では、なぜそこまで時計を必要とするのか?
近年、時計の位置付けが「見るアイテム」から「自身のブランディング/プロモーション」の一部に変化しつつある。実際、SNSなどを見ていても、そのような消費動向やセルフプロモーションの動きがよくわかる。
しかし、私自身はSNSもやっていなければ、人前に高価な限定品の時計をつけていくこともない(ブランドのレセプションやイベントの時はつけていく)。
けれども、これからも時計を収集していくのである。

過去の記事の中でも、ことあるごとに私の「コレクター」としての一面を数多く読者のみなさまにお見せしてきた。しかし、これだけのアイテムを手中におさめるには、それなりの時間と資金を必要とすることは言うまでもない。
ただ、私の場合は人に見せびらかすタイプではなく、自身の満足度を高めるためだけに購入に至るケースが多い。最近、多くの人から「それはもったいない」「色んな人に還元する方法を考えてみてどうか?」などと言われることがあるため、最近はそちらに思考をシフトさせている。

これまでは、私のコレクションについてお見せすることがなかったが、数年内を目処に、多くの人に私がコレクションしたアイテムを見てもらったり、還元したりする方法をこちらで発表できるのではないかと思っている。
その際は、ぜひ多くの人にこれらのアイテムを見ていただき、大いに話を盛り上げてもらいたいものである。
Pocket

このカテゴリーの一覧へ