最高峰のFirst class lounge

YOU 2019.10.28
Pocket

今回の香港滞在では、前回ご紹介した「Sheraton Hong Kong」や四川料理店の他にも楽しみにしていたことがある。そう、世界的でも有名な香港空港キャセイパシフィックのFirst class loungeである。

空港内には「The Wing」と「The Pier」の2ヶ所のFirst class loungeがある。フライト時間の何時間も前に到着し、早速「The Pier」へ向かった。




内装は、白を基調とした素敵なデザインだ。




ライブラリーには、新聞雑誌がズラリと並んでいる。



トイレまでホテルのようだ。



少し仕事をしたいときは、ここでゆったりできることも魅力的なのだ。



そして、まずは「The Pier」にしかないThe Retreatでフットマッサージへ向かった。



無料でこのサービスを受けられるなんて、本当に最高だ!朝早く予約しないとすぐに埋まってしまうほどの人気のサービスである。

フットマッサージを終えてからは、いったん「The Pier」から「The Wing」へ移動した。ラウンジに入るとまずは「The Atrium」という部屋が現れる。こちらでは、ゆっくり軽食が楽しめる。



そして、有名な長いカウンターテーブル。吹き抜けで開放感抜群である。



その奥を抜けると「The Haven Bar」と「Champagne Bar」がある。ボルドーのソファでくつろぎながら、好きなお酒やシャンパンをゆっくり楽しむことができるのだ。さすが、最高峰のFirst classだ。




高級シャンパンもズラリ。



今回は、食事の前に「The Cavanas」でゆっくりくつろぐことにした。実は、このラウンジでの一番の楽しみがこのバスルームでのひとときであった。

ここのラウンジにしかないバスルーム。こちらも、予約はすぐ埋まってしまうほどの人気のサービスなのだ。まず、バスルームへ向かう通路が高級サロンのようである。



通路の先にあるバスルームがこちら。高級ホテルの一室のように中は広く、大人な雰囲気である。





高級ブランド「Jurlique」のハンドソープ&ハンドクリームがあるといったように、アメニティもしっかり揃っている。シャンパンを頂きながらゆっくりお風呂に浸かり、1時間ほどくつろぐことができた。

その後は、となりにあるレストラン「The Haven」へ向かった。こちらでは、サラダやお刺身、ケーキなどデザートがブュッフェスタイルで提供されている。




メイン料理はこちらのメニューから。



ビールにグワァバジュース。白いグワァバジュースは初めてだ。



パンプキンスープはとても濃厚!



ステーキはとても柔らかくジューシー!



まだフライト時間まで余裕があったので、「The Pier」に戻り、レストラン「The Dining Room」へ向かった。



レストランをはしごすることになるとは・・・(笑)あまりしたことはないが、せっかくの機会なので食べ比べしてみたくなったのだ。



カクテルもオーダー可能である。



メニューは、先ほどの「The Haven」と重なる部分はあったが、少し違ったメニューもチラホラとあった。



こちらでは、魚介類のメニューを一品オーダーした。



そして、ハンバーガーも。



デザートの杏仁豆腐も注文。



ここまでくるとさすがに食べ過ぎて苦しかった・・・(笑)妻とシェアして食べていたが、日本に帰ったらすぐにジムに行くことは決定した。

その後、少しだけ仕事の時間を取りすぐに済ませ、フライト前にBARで一杯。




最高峰のFirst class lounge。こちらに訪問するのも今回で2度目ではあったが、前回よりも満喫することができた。

食事も空間もすべてが一流の空間。ぜひまた訪れたい。


Pocket

このカテゴリーの一覧へ