ライフスタイルとして滞在する、上質なホテルステイ vol.3『アマン東京』

H/Ash 2020.08.24
Pocket

ラグジュアリーライフアドバイザー兼ライターのH/Ashが、ライフスタイルとして国内のホテルに滞在する、日常を上質にランクアップさせる経験を推奨する、「ライフスタイルとして滞在する、上質なホテルステイ」。

その第3弾として、今回は世界屈指の高級リゾートホテルチェーン、アマングループの日本初出店ホテル「アマン東京」をご紹介いたします。


ライフスタイルとして滞在する、上質なホテルステイ vol.3『アマン東京』



「アマンリゾーツ」は、京都の俵屋旅館にインスパイアされた伝説のホテリエ:エイドリアン・ゼッカが、タイのプーケット島に「アマンプリ」を開業して以降、あっという間に世界でも屈指の最高級リゾートホテルグループに成長しました。



究極のラグジュアリーリゾートを実現させる為、森の中や世界遺産のほとり等、特別な場所を建設地として選んできたアマンリゾーツ。そのアマンが世界で初めて都市型ホテルとして開業したのが、『アマン東京』なのです。



東京駅から続く、多くの外資系企業が軒を並べる大手町に佇む、地上38階だての高層ビル、大手町タワー。タワーの中にある、会員制クラブの入り口のようなエントランスからエレベーターに乗り、32階へ。都心の中に唐突に現れた、洗練されたアーバンサンクチュアリが現れます。



高い天井を囲む、和紙でできた行燈。安らぎをもたらす水盤を渡す石は、禅の庭を表現。日本ナイズされたリゾート感の中では、定期的に琴の生演奏も行われます。



客室は大手町タワー上層6階の、全84室。伝統的な日本の住居からインスピレーションを得たデザインと、最新のテクノロジーが融和した客室内は木や和紙、石材など、ラグジュアリーな和の素材がアマンならではのセンスで配置され、窓からは東京の絶景だけでなく、部屋によっては富士山までも見渡せます。



『アマン東京』に宿泊するなら、アマンリゾーツのノウハウを使用したスパ体験を。最新マシンを取り揃えたフィットネスジムや、30メートルの長さのプール&温浴施設、ピラティスやヨガの専用スタジオも宿泊客なら利用可能ですし、「心身一如 」=心と身体を一つと捉える禅の思想を元にしたトリートメントは、日本古来の健康法や自然の季節・和漢植物の恵みを採り入れた、完全ケミカルフリーです。



また、アマン・スパ特製のスキンケア製品は購入も可能。自然界より収穫・抽出されたボディケアやフェイシャルケアを買って帰れば、自宅でも引き続き、究極のホリスティックジャーニーを経験出来ます。



アマンジャンキーと呼ばれる熱狂的なファンを世界中に持つ、アマン人気の最大の秘密は、何と言っても、アマン独自の究極のホスピタリティー。『アマン東京』でも、居合道の技を学ぶプライベートセッションなどの既存のエクスペリエンスはもちろん、旅行前の相談から現地でのサポート、様々なアテンドまで、アマン専属チームが個別にあなただけのエグゼクティブプランを考え、実行してくれます。



また、オリンピックメダリストによるプールでのパーソナルトレーニングや、「武蔵byアマン」の寿司職人がスイートルームで寿司を握ってくれるプライベート鮨ディナー等、期間限定で用意される豊富なステイプログラムも、常連のセレブリティ達に毎回様々な驚きと満足感を与えてくれる、アマンならではのプログラムとして大人気です。




世界中のアマンホテルを巡る熱烈なファン:アマンジャンキーを生み出してきた独自のラグジュアリーリラックスと、都市型ならではのアーバンビューティーが融合する、『アマン東京』。なかなか遠くに行けない今だからこそ、究極のアーバンラグジュアリーを東京の中で味わってみてはいかがでしょうか。

アマン東京
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo
Pocket

このカテゴリーの一覧へ