2022年、
東京にブルガリ ホテルがオープン

NOBLE STATE NEWS 2018.04.24


 ミラノ、ロンドン、バリ、北京、ドバイでラグジュアリーホテルを展開するブルガリ ホテルが遂に東京にオープンすることが決定! 2022年末、場所は「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」で建設予定の複合ビルの39階から45階まで。

 98室の客室はツイン・ダブルルームを中心に、ラグジュアリーなスイートから究極のブルガリスイート。またブルガリ ホテルのアイコン的空間であるイル・バール、イル・リストランテ、暖炉のあるラウンジは、すべてアウトドアテラスを併設。イル・チョコラートのショップや、広々とした屋外スペースのあるボールルームを備える。  約1,500㎡のブルガリ・スパではトリートメント、リトリート、グルーミングなどのサービスを提供。最先端のフィットネスジム、25mの屋内プールを併設しています。

 インテリアデザインは、これまですべてのブルガリ ホテルを手がけてきたイタリアの著名な建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール。

 東京駅周辺がどんどんラグジュアリーになっていく中、まさに八重洲口目の前の、この立地にブルガリ ホテルが誕生することに期待は高まります。

「ブルガリ ホテル 東京」
開業時期:2022年
住所:東京都中央区八重洲二丁目1番、2番の一部及び3番
延床面積:約19,000㎡
階数:39階~45階
客室数:98室
付帯施設:バー、レストラン、スパ、プール、ボールルーム、チャペルほか

※トップの写真は「ブルガリ ホテル ロンドン」
このカテゴリーの一覧へ