私の「こだわり」~ホテル編~

ROSSO 2019.12.26
Pocket

今回は、私が持っている「こだわり」について紹介していきたい。

私は都内に住居があるにもかかわらず、よくホテルを利用することがある。

 

ホテルに宿泊する理由はみなそれぞれだが、私の場合は、「日常と一線を画した生活を送りたい」「時間の流れを変化させたい」「日々の疲れを癒したい」「さまざまなアイデアをブレイクスルーさせたい」など、あまり宿泊自体には特別な意味を持たせずにホテルを利用することがあるのだ。

 

また、ホテルに泊まる頻度も人と比べてかなり多く、とあるホテル宿泊予約サイトの会員ステージで、最高ランクとなる「ダイヤモンド」をここ3年〜4年間継続してキープ(6ヶ月ごとの利用金額で判定)しているほど、ホテル利用の常連になりつつある。

 

そのため、現段階で東京都内及び首都圏近郊にあるほとんどのホテルには宿泊してしまった。ここ最近でも、1週間に2泊ほどのペースでホテルに滞在している。

 

ホテルという非現実的な空間に身を置くことで、感覚や体験がブレイクスルーし、普段の私生活や仕事に好影響を及ぼすため定期的にホテルに泊まっている。

 

特に、これらの費用対効果を最大限高められる場所が、「ラグジュアリーホテル」と言われる部類に属するホテルである。

 

「ラグジュアリーホテル」という定義は人それぞれ異なるためここでは言及はしないものの、私の中では「一等地に建築されており、豪華な装飾、多様性に富んだ顧客に愛されるホテル」がそれに属するのではないかと考えている。

 

そういったラグジュアリーホテルを利用することで、非現実かつ優雅な気持ちを味わうことができ、普段とは異なる生活環境に身を置き気分をリフレッシュできる。そのため、金銭はそれなりにかかってしまうが、私にとっては最も簡単に行うことができるリフレッシュ方法なので、頻繁に利用しているのだ。

 

今では、これまで利用したホテルの画像や感想、レストランの印象、客層の雰囲気などを、自宅のパソコンにデータベース化しており、そのときの気分でホテルを使い分けるなど工夫できるようになった。

いつか、この場でもそういった自分なりの紹介ができればと思う限りである。

Pocket

このカテゴリーの一覧へ