Eのつくアンのナッティ・ケーキ

Mimi 2018.01.22
 Anne は私の古くからの友人である。私が留学していた大学寮には日本人が私だけだったから、必然的にいろいろな国の人と交流することになった。今では、皆世界中に散ってしまったが、交流は続いている。

 「Eのつくアン」とタイトルに書いたのは、Anne of Green Gables (邦題「赤毛のアン」)の台詞から来ている。赤毛のアンの中の主人公は、自分の名前が、Ann でなく、Anne with an E (Eの付くアン)であることに誇りを持っている。

 私の友人のAnneが、綴りにEのつくことに特別な感情があるかどうか聞いたことがないが、私が彼女に手紙を書くときには”Anne with an E” と唱える。というのは、私にはアメリカにAnnという別の友人がいるから、スペリングを間違えないようにするためである。 

 Eのつくアンは、ウェリントンに住んでいる。彼女の娘とうちの息子はちょうど一週間違いで生まれたので、そういう意味でも親近感がある。

 アンは、お料理の天才である。大学の寮にいる時にも、共同で使える台所のオーブンを使って、ワアッと驚くほど美しいホット・クロス・バンを焼いてくれた。今日がそれを食べる日なのよ、と言って。あつあつのバンのなんとおいしかったことか!

 そのアンが、自分の焼いたケーキの写真をメールで送ってくれた。彼女の家には、12月半ばから一か月ほど妹一家やお母さんが滞在し、楽しく過ごすのが習慣になっている。彼女のお料理の腕の見せ所だ。

 アンのケーキの写真を見て、びっくりした。あの!ケーキ。実は、私には幻のケーキがある。以前父の家にアメリカ人の友人が遊びに来た。そのどっしりとしたお土産の包みを開いてみると、こんなケーキ見たことない、というようなケーキだった。

 全体が木の実の山で出来ているような丸い大きなケーキ。いろいろな木の実がうず高く積まれている。すぐに食べたいのに母は「今度特別な時にね」と言うと、しまってしまった。でも、その後そのケーキを見ることはなかった。「あのケーキどうしたの?」と聞くと、母は、「あら、どこに仕舞っちゃったかしらねえ。」と、とうの昔に忘れてしまっている様子。

 その幻のケーキが、アンの写真の中にあった。自分でも作れるんだ!という驚き。そして、ちょっとでもいいから、それを食べてみたいという願望。アンに、ほんのお味見程度でいいからそのケーキを送ってくれない?と頼んだ。親戚一同で食べるのを、横取りするようで悪いのだが。

 優しいアンは、早速送ってくれた。2種の材料、レシピつきだ。

annoke-ki1

 お正月にうちの家族もその小さなケーキを切り分けて、ほんの一口ずついただいた。ナッティケーキは、アンの旦那様の大好物で、フルーツケーキの方は、アンの好物なのだそうだが、それが納得できる味。ナッツの好きな旦那様用に、ナッツの量をレシピよりは全部半カップずつ増やしているとか。

 アンにブログでレシピを紹介してもいい?と恐る恐る聞いてみた。だって、代々家に伝わる秘伝のレシピだったら申し訳ないから。彼女は、快諾してくれた。そこで、ここに紹介する。私もこのケーキをもうすぐ作る予定だ。



   Eのつくアンのナッティ・ケーキ

材料
●ブラジル・ナッツ・・・・1 1/2  カップ
●アーモンド・・・・・・・1/2 カップ
●カシューナッツ・・・・・1/2 カップ
●くるみ・・・・・・・・・1/2 カップ
●レッド・チェリー・・・・1/2 カップ
●グリーン・チェリー・・・1/2 カップ
●クリスタライズド・フルーツ・・・1 1/2 カップ
●サルタナス・・・・・・・1/2 カップ
●レーズン・・・・・・・・1/2 カップ
●薄力粉・・・・・・・・・3/4 カップ
●ブラウン・シュガー・・・1/2 カップ
●ベーキング・パウダー・・小さじ 1/2
●塩・・・・・・・・・・・小さじ  1/4
●卵 (大) ・・・・・・・2個
●ヴァニラ・エッセンス・・・小さじ1/2


<作り方>

1. 上記の材料を全部ミックスする。

2. 型(23cm×23cm)にベーキングシートを敷き、130度で2時間焼く。
竹串を刺して、何も付いてこなかったら出来上がり。

3. 出来上がったら、ベーキングペーパーとアルミフォイルに包み、冷蔵庫で3、4週間寝かせる。このことにより、ケーキが味わい深くなる。だが、食べ始めれば、冷蔵庫に入れる必要はない。

備考
クリスタライズド・フルーツは、トロピカルフルーツが入った物。
チェリーは、ケーキ作りのデコレーション用のもので、本物ではない。




   Eのつくアンのゴールデン・フルーツケーキ

annnoke-ki2 材料

●クリスタライズド・フルーツ・・・4 カップ
 (マンゴ、パパイヤ、パイナップル、メロンを各1カップでもよい。)
●サルタナス・・・・・・・・・・・1 カップ
●ドライ クランベリー・・・・・・1 カップ
●白ワイン・・・・・・・・・・・・1 カップ
●グレース チェリー・・・・・・・1/2 カップ
●バター・・・・・・・・・・・・・250グラム
●砂糖・・・・・・・・・・・・・・1 カップ
●卵 (大)・・・・・・・・・・・5個
●アーモンド粉・・・・・・・・・・1/2 カップ
●ヴァニラエッセンス・・・・・・・小さじ1
●オレンジとレモンの皮のおろしたもの・・・各1個分
●小麦粉・・・・・・・・・・・・・1 1/2 カップ
●ベーキングパウダー・・・・・・・小さじ1 1/2
●塩・・・・・・・・・・・・・・・小さじ 1 1/4


<作り方>

1.(4カップのクリスタライズド・フルーツは約1キロ。いろいろな色のフルーツはケーキの見た目をかわいくする。)鋏かナイフで、クリスタライズド・フルーツを立方体になるようにカットする。   すべてのフルーツを白ワインに約5分間漬け込み、水分がすべて吸収されるようにする。そのまま、蓋をして一昼夜(8時間)放置。   その後、チェリー1/4量を加える。

2. オーブンを150度に設定。23センチ×23センチの型にベーキングペーパーを敷く。

3. フードプロセッサーでバター、砂糖をクリーム状になるまで混ぜる。卵を1個ずつ加え、そのたびにアーモンド粉をスプーン一杯ずつ加える。エッセンスと、残りのアーモンド粉、そしてオレンジ、レモンの皮の擦りおろしを加える。次に小麦粉とベーキングパウダーを加え、1のフルーツを加える。

4.型に入れて、残りのチェリーを飾り、オーブンの中段に置く。150度で45分、その後130度で1時間半から2時間焼く。   表面に焦げ目がつくようであったら、ベーキングペーパーで覆う。竹串をさして、何もつかなかったら出来上がり。

5. 冷蔵庫で1週間寝かせると味が良くなる。
このカテゴリーの一覧へ